一覧に戻る

白髪染めを長持ちさせる方法はありますか?

白髪染めを長持ちさせるには、色々な方法があります。

白髪染めを長持ちさせる5つのコツとは?

1.シャンプー選びに気を付ける

白髪染めをする前に、シャンプーを確認しましょう。
白髪染めをした後は、髪の毛がアルカリ性になっているため、お肌と同じように弱酸性のシャンプーなどを使用することをおすすめします。
また、普段使っているシャンプーがノンシリコンシャンプーでも、洗浄成分が強いものが含まれていると色落ちの原因となります。

洗浄力の強い成分は、下記のようなものがあります。

  • ラウレス硫酸Na
  • スルホン酸Na
  • コカミドDEA
  • ポリオキエチレンアルキルエーテル硫酸塩

ノンシリコンシャンプーでも、上記の成分が含まれていないものであれば、色落ちはしにくくなります。

また、ノンシリコンシャンプーでもコーティング剤を使用していないアミノ酸シャンプーであれば、敏感肌や乾燥肌の方にも安心です。

2.白髪染めをする前にしっかり髪を洗う

髪には、目に見えない汚れなどが付着しています。整髪料や脂分が残らないように綺麗に洗い流すようにしましょう。

3.白髪染めをしたら、決まった時間置く

白髪染めをしたら、決められた時間放置することが大事です。しかし、この時間を勘違いしている人が少なくありません。
白髪染めの説明書に放置時間について記載がありますが、具体的にどのような勘違いがあるかをご紹介します。

例えば、放置時間が15分と記載がある場合、
①カラー剤を塗り始めてから、塗り終えるまでの全ての時間を15分で
②カラー剤を全て塗り終えてから15分で

①と②の解釈では、時間は大きく変わってきます。

白髪染めの放置時間の正しい解釈は、②の全て塗り終わってからの時間となります。
間違えないように注意しましょう。

4.白髪染めをしたら、トリートメントをしっかりする

美容院などに行くと、髪を染めた後にトリートメントをすることをすすめられると思いますが白髪染めも同じように、白髪染めをした後はトリートメントをしましょう。

5.紫外線を防止する

髪も紫外線からダメージを受けるため、特に紫外線の強い日には、日傘や帽子を被ったりして直接髪に紫外線があたらないようにしましょう。

 

まとめ

白髪染めをしても「色がなかなか染まらない」「すぐに色落ちする」といった声をよく聞きますが、染まりにくい原因が白髪染めではなく、シャンプーだったというというケースも多いので、白髪染めをする前に今使用しているシャンプーが白髪染めに合っているのかを確認しましょう。
白髪染めを長持ちさせるためのコツは、髪にとって良いことがほとんどです。白髪染めを長持ちさせるだけでなく、髪をいたわることにも繋がるので実施されることをおすすめ致します。