一覧に戻る

カラーの補色について(ヘナとインディゴ)

「補色」の知識があればヘナをする上でビビらない!?

ある日Jrスタイリストのスタッフが

「ブリーチをしたら緑になった!」
とても焦った様子で私に連絡してきました。

 

詳しく聞くと、ずっと毛先は赤みを抑える

ためにインディゴ系で染めていて、今回も

っと全体を明るく遊び心を出したいという

ことでブリーチをしたそう。すると、明る

くなった部分が緑に…。まさか緑になると

は思わずかなり焦ったようです。笑

ここでポイント①は、
「緑になったことをマイナスに考えてはい

けない」ということ。
確かに色味だけ見て、これが仕上がりだと

したらさすがの私でも冷や汗ものでしょう

しかし、今回ブリーチの目的が「明るくす

る」「もっとアッシュぽくする」であれば

むしろ良かったと思えるくらいの余裕を持

てるといいですね

 

そしてポイント②は、
「現状マットならブラウンを被せればアッ

シュブラウンになる。」
マット=緑系の反対の色「補色」
はオレンジ=赤みですよね。しかしこの場合

にオレンジ=ヘナを被せてしまうと普通の茶

色になってしまいます。本人の希望が明るめ
のアッシュなので、単純にブラウンを被せれ

ばアッシュブラウンになるというわけです。

日本人は元々赤みが強くアッシュが出にくい
人種です。マット=赤みがない=アッシュが

出る。なのでむしろ好都合だと考えて前向き

にヘナをしていく姿勢が大切だと思います。
しかもそれだけインディゴの色持
ちが良い裏付けですね。

※ちなみにインディゴは傷んだ髪
ほど吸着しやすく残りやすい。

デザインカラーを毎日していた頃
はブリーチせずにいかにきれいな
アッシュを出すかを考えた時は、
いかに赤みがない状態にまず持っ
ていくか。=ひとまずマット寄り
の選定にしていて、マット寄りに
なったら勝ちと思ってました。

私は今までの経験も含め、ヘナを
もっと活かせる、広める可能性を
追求していきたいと思います。

インストラクター 幸村 龍

ヘナセミナー情報【2020年】

ヘナの失敗しない選び方

問合せ:058-233-5102