へな、アッシュ、品質、インディゴ

カラーの補色について(ヘナとインディゴ)

Pocket

「補色」の知識があればヘナを
する上でビビらない!?

ある日Jrスタイリストのスタッフが
「ブリーチをしたら緑になった!」
ととても焦った様子で私に連絡して
きました。詳しく聞くと、

ずっと毛先は赤みを抑えるために、
インディゴ系で染めていて、今回
もっと全体を明るく遊び心を出し
たいということでブリーチをした
そう。すると、明るくなった部分
が緑に…。まさか緑になるとは思
わずかなり焦ったようです。笑

ここでポイント①は、
「緑になったことをマイナスに考
えてはいけない」ということ。
確かに色味だけ見て、これが仕上
がりだとしたらさすがの私でも冷
や汗ものでしょう。しかし、今回
ブリーチの目的が「明るくする」
「もっとアッシュぽくする」であ
ればむしろ良かったと思えるくら
いの余裕を持てるといいですね

そしてポイント②は、
「現状マットならブラウンを被せ
ればアッシュブラウンになる。」
マット=緑系の反対の色「補色」
はオレンジ=赤みですよね。しか
しこの場合にオレンジ=ヘナを被
せてしまうと普通の茶色になって
しまいます。本人の希望が明るめ
のアッシュなので、単純にブラウ
ンを被せればアッシュブラウンに
なるというわけです。日本人は元
々赤みが強くアッシュが出にくい
人種です。マット=赤みがない=
アッシュが出る。なのでむしろ好
都合だと考えて前向きにヘナをし
ていく姿勢が大切だと思います。
しかもそれだけインディゴの色持
ちが良い裏付けですね。

※ちなみにインディゴは傷んだ髪
ほど吸着しやすく残りやすい。

デザインカラーを毎日していた頃
はブリーチせずにいかにきれいな
アッシュを出すかを考えた時は、
いかに赤みがない状態にまず持っ
ていくか。=ひとまずマット寄り
の選定にしていて、マット寄りに
なったら勝ちと思ってました。

私は今までの経験も含め、ヘナを
もっと活かせる、広める可能性を
追求していきたいと思います。

インストラクター 幸村 龍

ヘナセミナー情報【2020年】

ヘナの失敗しない選び方

問合せ:058-233-5102

Pocket

名前:武藤 花緒理。職業:株式会社エコノワ代表取締役。美容室のマネージャーとして、姉と共に働いていたときに「ヘナ」を知ります。姉より先に産んだ息子が生後間もなくアトピーになったため、必死で原因と治す方法を探ります。アトピーの原因は、お母さんの体そのもの。その原因は「ヘアカラー」「シャンプー」「化粧品」など身近なものであると知り、ヘナを知ったときに「これは多くの方に広めなくては」と思います。姉と協力しながら、太陽と大地のヘナというブランドを作り、インドにも何度も出向き高品質のヘナを探してきました。現在は、「毛髪診断士」「オーガニックコーディネーター」の資格も取得し、自然体で暮らす生き方を実践しつつ、それを広める活動を行っています。がりの売上をV字回復させる。2006年頃よりインドから輸入し理美容室に販売をする事業(太陽と大地のヘナ)を始める。

Post a Comment